AISIN GROUP
CVTEC
株式会社シーヴイテック
文字サイズ
小
中
大

生産管理部 情報G 情報システム係 2013年入社 愛知大学 文学部卒 廣瀬 恭子 一般事務職

生産管理部 情報G 情報システム係 2013年入社 愛知大学 文学部卒 廣瀬 恭子 事務職

社員の目標達成につながる「できること」を増やしたい。

よりよいIT環境づくりのため一人ひとりに合わせた説明を。

私の仕事は、社内の情報システム、ネットワークに関するサポート業務です。サーバーやPC、ネットワークの管理業務、定期的に行われる社内のセキュリティ点検などを担当しているほか、「突然、ネットワークに接続できなくなった」「アプリケーションソフトが起動しなくなってしまった」など、日々のトラブルに対応しています。

人によって使い方や設定の仕方は少しずつ違います。トラブル時はそれらを把握してから、「どこに原因があるのか」を切り分けし、「なにを解決したいのか」をふまえ冷静に対処することが必要です。入社したばかりの頃は、トラブルがあっても先輩方に声がかかっていたのですが、知識を少しずつ増やし、最近では「廣瀬さん、教えて」と、言っていただけるようになりました。

社員が目標を達成するための「手段」として、できることを考える。

直接製品づくりに携わるわけではありません。でも、社員一人ひとりのために必要なこと。私は、自分の仕事をそう理解しています。メーカーとして、多くのエンジニアが所属するシーヴイテックでは、製品や製造ラインと向き合い、高い目標を掲げ仕事をする社員が大勢います。私は、その目標を円滑に達成できるようお手伝いをしているのです。

入社1年目の時、全社員のPCシステムを切り換えるという大掛かりなプロジェクトを任されました。実際の切り換え作業は外部の業者に委託しましたが、私は関係者と打ち合わせを重ね、導入スケジュールやコストの調整をするなど、全体の管理をはじめて担いました。このとき、自分の想定の範囲を越えたトラブルをいくつか経験しました。「これだけ設定を済ませておけば大丈夫」と思っていたPCでも、実際に使った社員から追加オーダーが出たりと、様々なケースを想定することの大切さを学ぶことができました。これは、導入後のマニュアルを作成する際にも役立ちました。「○○を設定してください」と同じお願いの仕方でも、伝わり方が異なります。そのため、実際のPCの操作画面を資料に添付して作業のフローを説明するなど、誰が見ても分かるような資料づくりを今も心掛けるようにしています。

「頼られる人」から、「与えられる人」へ。

プロジェクトやトラブル対応等の業務を通じ、今まで学んだことのなかったセキュリティやネットワークに関する知識を吸収してきました。新しい目標は、インプットだけでなく、アウトプットが上手くできるようになること。私は一般職として入社しましたが、資料作成からプロジェクトの告知、その後のサポートまで、と業務の幅が広いのがシーヴイテックの魅力だと思っています。だからこそ、自分から意見を出す回数を増やして、会社に役立つ提案ができるようになりたい。提案が上手くできるようになれば、人に伝える力もつくはずだから。システムやネットワークの説明力を磨くことはもちろん、後輩へのアドバイスも的確にできるように、一歩一歩進んでいきたいと思います。

  • 生産技術部 柴田鉱良
  • 人材開発部 長谷香里
  • 生産管理部 三輪広樹
  • 生産管理部 廣瀬恭子
  • 製造部 青木雅志
  • 社員の声
  • 募集要項
  • 福利厚生
  1. ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 社員の声>
  4. 生産管理部

ページの先頭へ