AISIN GROUP
CVTEC
株式会社シーヴイテック
文字サイズ
小
中
大

生産技術部 九州生技G 2009年入社 静岡大学 工学部卒 柴田 紘良 技術職

生産技術部 九州生技G 2009年入社 静岡大学 工学部 柴田 紘良 技能職

新しい分野で挑戦し続けるために現場を動かす力を磨きたい。

1人より、みんなの力で仕事をまわしていきたい。

大学で機械工学を専攻してきた僕には、新しい製品を生み出す「開発系」の仕事に就くという道もありました。でも、趣味でサッカーをしてチームワークのなかで育ってきたこともあり、デスクで一人黙々と考えをめぐらすより、現場に出て他のエンジニアと関わりながら意見交換し、大きなプロジェクトを進めていくことに魅力を感じました。それで、開発されたものを市場に出していくための工程整備に取り組む技術職を選んだのです。シーヴイテックはワンフロアのオフィスで大学の研究室の雰囲気に近く、意見を交換したり質問がしやすい環境ですから、スムーズな意思決定ができていると思います。

結果を出す。それがエンジニアの使命。

僕は「最初に立てた目標に対しての結果が出なければ、仕事は終わらない」という言葉を意識しながら仕事に取り組むようにしています。入社3年目に新設備の導入プロジェクトを担当しました。それまでの洗浄設備は、製品を定期的に水に浸けるものでしたが、シャワーを追加した、より洗浄力の高いものを導入することになりました。主担当の僕の役目は、設備仕様の決定・品質確認・関係者との調整、そして工場の夏季休業期間中に一度に導入を済ませること。社外の専門チームとも連携して、計画通りに導入までこぎつけたことはいい思い出であり、一つひとつの目標を自分で細かく設定し、達成していくことの大切さを実感することができました。キックオフからゴールまで、途中どんなトラブルがあっても冷静に目標に向かい、エンジニアとしての目線で物事を判断し、進行していくことがこの仕事には必要なのだと考えています。

まだ、誰もやっていないことをやる。ニッチ市場に着目し、会社の成長に貢献したい。

CVTベルトの製造を行っている企業は、世界中でまだ数えるほどしかありません。モノづくりの拠点が中国や東南アジアへ次々に移されているという世相の中で、シーヴイテックは国内唯一のCVTベルトメーカーとして成長を続けています。まだ誰も取り組んでいない分野で挑戦することは、ひとりのエンジニアとしてとても誇らしいですね。同時に、まだ新しいシーヴイテックは、いつかベルト以外の分野にも挑戦していけると信じています。その夢は、きっと僕だけのものではない。先輩や後輩と一緒に実現していきたいです。技術に関する新しい知識を増やしていくことも、社内外の人といい関係をつくっていく「ギブ&テイク」の姿勢も、この先ずっと、大切にしていくつもりです。

  • 生産技術部 柴田鉱良
  • 人材開発部 長谷香里
  • 生産管理部 三輪広樹
  • 生産管理部 廣瀬恭子
  • 製造部 青木雅志
  • 社員の声
  • 募集要項
  • 福利厚生
  1. ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 社員の声>
  4. 生産技術部

ページの先頭へ